MENU

バスケットボールチーム「三遠ネオフェニックス」選手の声

B-LEAGE B-1で活躍中の三遠ネオフェニックス。
MUSASHIはオフィシャルサプライヤーとして2018年8月よりサポートしています。 シーズン中のハードスケジュールの中、選手がいかにMUSASHIを活用してコンディションを維持しているのか、選手からの声が届きましたのでご紹介いたします。

【岡田選手 35歳 SG】
シーズン中はとてもタイトなスケジュールで、時には2週で8試合をこなさなくてはならない時もあるほどでしたが、練習後や試合後にニーを摂取した時は、翌日の疲労感が軽減された実感があり、継続して質の高い練習や試合が出来ていました。また筋トレ前に摂取すると、翌日の筋肉痛が軽減している感覚があり、安心してトレーニングに取り組めていました。今では摂取しないという選択はありません。
また毎年一度は風邪をひいていましたが、イミュニティを飲み始めてからは風邪をひいておらず、花粉症の症状も軽減された感覚がありコンディションの安定に役立っています。

【長谷川選手 29歳 SG/PG】
運動後にクアンを取り始めてからはトレーニングの効果を視覚的に分かりやすく、達成感や実感を得ることが出来ました。筋肉に必要なアミノ酸を素早く摂取できているということが実感できており、僕の好きなアイテムです。
自分自身をパワーアップさせたい仲間にも勧めています。
また太りやすい体質なので、食生活に気を付けながら日々の運動と共にHUANを飲んでいました。飲み始めてからはウエイトコントロールが楽に出来ているので身体のコンディションも良くなっています。

【鈴木選手 28歳 PG】
クアンをシーズンを通して全ての運動後に飲んでいました。僕は筋肉量が減ってしまう傾向が毎年あったのですが、クアンを使用したことでシーズン通して体重や筋肉量を保つことができました。
フーと合わせて使用することにより今年はさらに安定した体の状況を整えられていました。
また、タイトなスケジュールの中、体調を管理するのにイミュニティは必須なサプリメントでした。身体も調子よくシーズンを乗り切ることができました。

【ダシルバ選手 20歳 SG】
僕は太りやすい体質でシーズン前に増えてしまった体重を戻せすにいましたが、HUANを摂取し始めてからはコントロールがしやすくなり、目標体重まで下げることができ、パフォーマンスの向上に繋げることができました。

【渡邉選手 26歳 PG】
毎年シーズン中に体重が減ってしまう事に悩んでいました。ご飯を食べる量を増やしても限界があった中で、ご飯の少し前にフーを飲み始めたところ、体重が増えやすくなりました。変化が見えやすくなってからはご飯を食べる事への意欲も高まり、とても効果を実感できています。僕にとっては欠かせないアイテムです。

三遠ネオフェニックス オフィシャルHP ⇒ https://www.neophoenix.jp/

tweetでフォローする Instagramでフォローする