MENU

独立リーグ・BCリーグ「埼玉武蔵ヒートベアーズ」選手の体験談

2017年からチームでMUSASHIを使用して頂いている、プロ野球独立リーグ・BCリーグ所属の「埼玉武蔵ヒートベアーズ」。今回はチームの中でもヘビーユーザーの3選手から体験談をいただきましたのでご紹介します。

宮之原健外野手(25歳)
「昨年からMUSASHIを日々飲んでいます。ニーとクアンでシーズン通してフルにプレーできた土台を作ってもらいました。今年はパフォーマンスを出せるように試合前にチェンも飲んでいます。試合途中の5回のインターバルにも飲むこともあります。ナイトゲームの翌日早朝から県外へ移動しデーゲームなど過酷な日程もありますが、MUSASHIで疲労をためずキレのある身体を実感してフル出場、好調を維持しております。」

山田茂人内野手(21歳)
「昨年は試合に出場する機会が少なかったのですが、今年はスターティングメンバー・二番セカンドで出場させていただいています。身体が大きくなく、スピードが売りなので商品説明会で気になったCHENを飲んでいます。ゲーム前に飲むことで足が動く感じがします。守備の第一歩目と盗塁のスタートが早くなっている気がします。
ゲーム前CHEN、試合中REPLENISH、試合後NIでシーズンを乗り越えていきます。」

安齋雅喜投手(22歳)
「トミー・ジョン手術と肘のクリーニング手術を受けたことがあり、ジョイントを積極的に飲んでいます。起床後と就寝前の一日二回飲んでいます。毎日飲んでいるので肘の状態も良く戦列を離れることなく登板できています。ニーは決まったタイミングではなくコンディションに応じて身体と相談しながら飲んでいますが疲労回復を実感しています。」

tweetでフォローする Instagramでフォローする