MENU

MUSASHI取り扱い社会人野球チーム『シティライト岡山』都市対抗野球大会本戦出場決定

第90回都市対抗野球大会が7月13日から東京ドームで開催されます。MUSASHI取り扱いチームでもあります中国地区第二代表の「シティライト岡山」は創部12年目にして悲願の初出場。岡山市のチームとしては1972年のクラレ岡山以来47年ぶりの快挙で地元岡山では大きなニュースとなっています。
厳しい予選を勝ち抜いた七瀬コーチと後藤田投手から声をいただきましたので紹介いたします。

七瀬雅土コーチ(30歳)
都市対抗野球大会・中国地区二次予選は、7日間で6試合(うち延長3試合)というハードな日程でした。
予選リーグ3連戦で中1日はさみ決勝トーナメント3連戦。決勝トーナメントは3試合とも1点差ゲームでした。
我がチームでは試合時のドリンクはREPLENISHを2017年から採用しており、熱中症や足がつる選手もなく非常に助かっております。強化練習期間や真夏日の練習時にも体調を考慮して使用しております。
とにかくコンディション良く試合に臨もうと今年の予選からはNIもチームで採用しました。試合直後に摂取することで早めに疲労回復できて集中して試合に挑めたのも良かったと思います。念願の東京ドームでも選手の躍動に期待しております。

後藤田宗作投手(24歳)
都市対抗野球大会・中国地区二次予選6試合のうち3試合に登板しました。予選リーグでは2連投、準決勝では延長10回完投勝利を収めることができました。REPLENISH、NIを摂取するようになって私が一番実感しているのは登板した翌日に疲労をあまり感じないという事です。REPLENISHは試合前から積極的に飲んでいますが、お腹がチャポチャポになりません。口元もベトベトしなくて集中力も続きます。東京ドームのマウンドでもチームに貢献できるよう頑張ります。

tweetでフォローする Instagramでフォローする