MENU

【東京オリンピック(野球)MVPは山田哲人選手】

野球の決勝戦は、8月7日(土)横浜スタジアムで行われ、野球日本代表“侍ジャパン”はアメリカに2-0で勝利し金メダルに輝きました。野球が正式競技になった1992年バルセロナ五輪から6度目の出場で悲願を達成しました。
初戦のドミニカ共和国にサヨナラ勝ち。山田哲人選手は、次戦のメキシコ戦でスリーランホームラン、準決勝の韓国戦では同点の8回に満塁走者一掃のツーベースヒットで勝利を決め、決勝のアメリカ戦でも8回にヒットで出塁し、ヘッドスライディングで本塁に生還し勝利に貢献しました。
全5試合1番バッターで出場し、打率.350、1本塁打、7打点、3盗塁と大活躍。
世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が山田選手を野球競技のMVPに選定しました。

以下、山田選手コメント
「MUSASHIを飲んで体調も良く、身体のキレを感じてました。一生に一度になるかも知れないオリンピックに標準を合わせて日々生活して念願の金メダルを獲得することが出来ました。最後まで力を出し切りました。」

“MUSASHIパワー” 山田選手の活躍をこれからも引き続き応援します。

https://www.japan-baseball.jp/jp/games/tokyo2020/

tweetでフォローする Instagramでフォローする