MENU

九州アジアリーグ 新球団・大分B-リングス トレーナー・主力選手の声

今年の4月に新球団・大分B-リングスから商品説明会の依頼があり、廣田監督以下全選手参加の商品説明会を行いました。下記2選手が以前の所属チーム時代からMUSASHIをヘビーユースしてくれていたのがきっかけです。
 #4 新井勝也 主将(愛媛マンダリンパイレーツ⇒大分B-リングス)
 #9 渡邊武蔵 捕手(埼玉武蔵ヒートベアーズ⇒大分B-リングス)

トレーナーの都留雄太さんに、4月以降の身体の変化が顕著に表れている選手を3名あげていただいたところ、KUANを日々飲んでいる伊藤龍介投手(21歳)、岡部峻太投手(24歳)、新井勝也選手(27歳)でした。この3選手は筋肉増量・増強により、パワーアップ、またウィークポイントの筋肉増強によるバランスが向上し疲労が溜まりにくくなっております。比例して野球の成績も向上してきているとの事です。
伊藤投手は、チーム結成以来初の完封勝利試合で先発し、6インニングをシングルヒット3本だけに抑えました。
岡部投手は、エースとしての自覚を持ち日々トレーニングし、投球イニング数・奪三振数いずれもチームNo1です。
新井選手は、体幹と下腿三頭筋が増強し足も速くなり長打連発、火の国サラマンダーズのドラフト指名候補の石森投手からも長打を放っております。
上記3選手ともKUANの効果を実感し、パワーアップし疲れにくい身体となっており戦列を離れることなく活躍しています。

大分B-リングス  新井勝也 内野手(27歳)
MUSASHIとの出会いは、愛媛マンダリンパイレーツ所属時でした。それまではプロティンを時々飲んでおりましたがさほど効果がなく、MUSASHIの方からの説明を聞いて切り替えようと思いました。それ以来、CHEN、NI、KUANを継続して飲んでます。CHENは試合前と5回終了時に飲みますが、足が軽快に動くのを守備や走塁時に感じています。練習後と試合後にはNI、そして20分空けてKUANを飲んでます。現在は、さらなる向上を目指してKUANを1日3回飲んでます。4月の説明会で、「昨シーズン、他チームの選手がコロナ禍で試合がなかった3月~6月にKUANを1日3回飲むことにより、30メートル走のタイムが3ヶ月で0.4秒短縮、控えだった選手がスターティングメンバ―を勝ち取り、公式戦で初ホームランを打った。」と聞いたのも関係があります。私は3月以降、30メートル走のタイムは0.16秒短縮、リバウンドジャンプ指数も大幅アップ、遠投は5メートルアップ。計測値すべてが人生で最高値です。一言で言えば、昨年よりも筋肉量・体重が増して強い打球が出るようになりました。前チームでは1番バッターでしたが、現チームでは3番バッターで出場しています。足が速くなった感覚も増してきているので果敢に盗塁を試みています。目標に向けプレーしておりますが、本音としてはもっと早く大学生の頃にMUSASHIと出会いたかったと思います。

大分B-リングス  渡邊武蔵 捕手(25歳) 
MUSASHIは、自分の名前と同じなので学生時代にスポーツショップで見て気になっていました。飲み始めたきっかけは、埼玉武蔵ヒートベアーズでの説明会でした。ちなみにヒートベアーズでの私の登録名は武蔵(MUSASHI)でした。キャッチャーをしていて慢性的なひじ痛を抱えながらプレーしており説明を聞いて、先ず自分にはJOINTが必要だと思い購入しました。それ以来、起床後すぐ、日中の空腹時、就寝前に飲み続けてます。キャッチャーの練習では、ボールを後ろにさらさないブロッキング練習があります。防具をつけてバウンドするボールを両ひざをついて体で受け止める練習ですが、毎日の反復練習でひざも痛めますが、JOINTのおかげでひざも悲鳴をあげずに済んでいます。JOINTがなかったら、ここまでプレー出来ずにいたと本当に思います。昨年までは、JOINTとNIでしたが、今年の4月からはKUANも練習後や空腹時に自分なりのタイミングで飲んでます。KUANを飲むようになって1ヶ月くらいたった頃に家族が福岡から大分に応援に来た時に、「体が随分引き締まっているね。」と言ってくれました。KUANの効果が出てきて4月に比べると30メートル走は0.12秒速くなり、フリーバッティングではセンターバックスクリーンまで打球が飛ぶようになりました。そして公式戦では右中間にホームランを打つ事も出来ました。武蔵はMUSASHIと共に1年でも長くプレーしていきたいと思っています。

新井勝也内野手           岡部峻太投手
新井勝也内野手           渡邊武蔵捕手
新井勝也内野手             渡邊武蔵捕手
別大興産スタジアム

tweetでフォローする Instagramでフォローする