MENU

【山田哲人選手 通算250号ホームラン】

東京ヤクルトスワローズ山田哲人選手は、4月2日神宮球場の横浜DeNA戦で、球団最年少となる通算250号本塁打を放ちました。プロ1号は遊撃手として出場、残り249本は二塁手で出場しており、あと1本で「二塁手250号」となり、こちらも“プロ野球史上初”の快挙となります。
2015年1月にMUSASHIを本格的に愛用し始めてからは、シーズン30本以上を5回、トリプルスリーは3回記録しております。
昨年は、東京五輪野球の金メダルに貢献しMVP選出。スワローズはリーグ優勝、そして日本一にもなりました。今シーズンもケガ無く活躍されるようにMUSASHIはサポートいたします。

tweetでフォローする Instagramでフォローする