MENU

柴田 善臣

ランニングコストが安い

JRA(日本中央競馬会)所属。通算2,000勝を挙げる数少ない騎手

朝スカッと起きられる。これは本物だ、と直感

疲れが抜けない時期があって、マネージャーから最初に紹介されたのがNI(ニー)でした。レース後にNIを飲んでみると、翌朝、それまでの悩みが嘘のように体が軽くなっていた。これは本物だ、と直感しました。それ以来、NIは手放せません。体に疲れが残っていると、気持ちの面でモチベーションが上がらず、良い状態でレースに臨めません。朝スカッと起きて、「今日はあの馬で勝つぞ!」という強い気持ちで レースに臨める。これは大きいです。その次に実感したのはREPLENISH(リプレニッシュ)で、これもレースの時。一日に何回も騎乗しますが、その間に使う水分・エネルギー補給用のドリンクでなかなか良いものが見つからなかった。リプレニッシュを使ってみて最初に変わったのは、レース後の筋肉の状態です。以前は、全レースが終了してシャワー浴び髪を洗ったりするとき、手綱を握っていた前腕部がつってしまい、動けなくなることがよくありましたが、それがなくなりました。もちろん前腕部だけでなく、一日を終えたときの全身 の疲労度も、リプレニッシュを飲んでいると明らかに違いますね。




写真/東京スポーツ新聞社

もう一つ、長年の騎手生活で股関節がかなり消耗しているので、その部分をケアするためにJOINT(ジョイント) も使っています。
騎手は皆さんご存知のとおり体を酷使する職業です。レースに向け て、コンディションを作っていく作業も毎週のことで、厳しい体重 管理も必要です。これまでサプリメントはあまり使われてこなかっ たのですが、とても役立つものであることがわかりましたので、周 りの騎手仲間にもMUSASHIをすすめています。

柴田 善臣さんが使用している主なMUSASHIの商品

tweetでフォローする Instagramでフォローする