MENU

スポーツ編

ランニングコストが安い
オリンピック・国際大会編 ENDURANCE

MUSASHIを使えばハードトレーニングができる

自転車ロードレース元日本代表選手  西 可南子

今回はインターバルトレーニングのようなハードなトレーニングをおこなうときのMUSASHIの利用法を紹介しよう。
まずこの季節は暑くなるので、水分補給が大切だと西選手は指摘する。
「私の場合、リプレニッシュを以前から飲んでいます味がさっぱりしているので飲みやすくとにかく飲む量に対して尿として出て行く量が抑えられるのがいいですね。一般的なスポーツドリンクや清涼飲料水のように甘味料や香料のような人工杓な成分が配合されていると肝臓で解毒作用が働き体外に排出しようとし多くの尿がでますリプレニッシュは解毒が必要な成分が含まれていないので余計な水分を排出しなくてすむわけです
 
それにトレーニング中のエネルギーレベルも理想的にキープしてくれるのでハードな練習でもレースでも以前と比べ集中力が持続します。暑い時期のトレーニングの水分補給にリプレニシュは本当に欠かせないですね。」
では、ヒルクライムの場合はどうか?
 
人と競争していなくても、坂というだけで大きな負荷がかかるヒルクライムレースでは酸素をいかに筋肉に送るかが大切です。そのためには酸素を運ぶ赤血球が大切になります。赤血球は鉄分を多く含むため、ヘム鉄と呼ばれる鉄分を補うことが必要です」。
西選手の場合は寝る前にエンデュランス・プレパレーションをとり鉄分を補うようにしている。これは貧血気味のときにかなり有効に感じるという。
「鉄をとらないと一気にダメになることがあるので注意ですね。若い選手だとオーバートレーニングになることが多いので、調子が悪いと感じたら血液検査を受けて診断してもらいましょう。
私の場合陸上選手時代から定期的に診断してもらうようにしています。
レースでいい成績を出すためには、継続的なトレーニングが大切になる。
そこで日々のトレーニングのときに集中力を高めることそして日々ベストコンディションを保つためにもMUSASHIのような効果的なサプリメントが大切となる
少しでもハードなトレーニングをこなせたライダーこそが、強く、レースで好成績を出すことができるのだ。

暑いときこそ、サプリメントでレース後半での持久力をアップ
レース前には1日2回エンデュランス、回復を早め酸素の取り込みが良くなる感じ

自転車ロードレース元日本代表選手  西 可南子

全日本ロードチャンピオンの西選手にMUSASHIを使ったコンディショニングの方法を聞いてみた。レースで勝つための秘密は何だろう。
BC:レースに向けたコンディショニングは普段とどう違いますか?
西 :レースに向けたコンディショニングに関して、基本的には普段と同じですが、レース前にンデュランスを多めに摂るようにしています
BC:エンデュランスを摂るとなにが違いますか?
西 :レース中に無理をしたときに回復するのが早くなる気がします
酸素をより取り込みやすくなる感じですね
BC:そうなんですね。では、具体的な摂り方を教えてください。
西 :エンデュランスの摂取はトレーニング期には夕食時だけですがレース前日には昼食時にも。さらに、レース当日は朝食時にも摂ります
BC:エンデュランスプレパレーションやミネラル&ビタミンを食事と一緒に摂るのはなぜですか?
西 :MUSASHIのアミノ酸は吸収しやすいように分子を細かくしているので、他の食べ物と一緒に摂取すると吸収が悪くなるため、MUSASHIを摂取してから食事まで20分の間隔をあけるようにしています。ただし、エンデュランスプレパレーションは鉄分を多く含んでいるので、飲みにくいときがあります。だから、私の場合は食事時に摂るようにしています。本来エンデュランスはアミノ酸の成分を含んでいるので空腹時に摂るのが理想的なようです。あと、ミネラル&ビタミンはミネラル成分が多く、胃腸に不快感を覚えることがあるので、メーカーでも食事時の摂取を推奨していますよ。
BC:ありがとうございます。これから編集部のスタッフもレースに出る予定なので非常に参考になりました。
 

他のライバルには知られたくない。MUSASHIの効果の実感が大きいから。

自転車ロードレース元日本代表選手  西 可南子

【オーストラリア遠征で知る】
2000年にオーストラリア遠征に行ったときオーストラリアのナショナルチームがMUSASHIを使っていましたその時初めてアミノ酸というものをサプリメントとして摂ることを知りました。プロテインよりも効率よく筋肉の疲労を修復できることを知り、それから毎年オーストラリアで大量に買い込み帰国するようになりました。
 
【ライバルに知られないように、こっそりと】
そもそも毎年オーストラリアで大量に買い込むようになったのも、効果の実感が大きかったからで他のライバルには知られないようにこっそりと使っていました年齢的には筋肉はつきにくくなっていく30歳すぎから使い始めたのですが体が変わり始めて筋肉質になってきたのが30歳過ぎからだったのです。トレーニングだけでなく、口から摂取するものがいかに大切かは年齢が上がるほどわかるものです
 
【疲れが軽減し、体が筋肉質に】
MUSASHIのアミノ酸は使用目的に応じて様々な商品があるので、目的を絞って使用することができます。最初はニーだけを使っていましたが、それだけでも疲れはかなり軽減したと思います。その後私は女性なのですがクアンを使うようになると体が筋肉質になってきたように思います。どちらもトレーニング直後と、就寝前に摂取していました。
 
【脂肪減量とレース中のパフォーマンス維持】
2005年からはフアンとエリートシリーズのエンデュランスもあわせて使用しています。これらを使用し始めてから明らかに脂肪が落ちました。レース会場で会う人に「やせたね」人によっては「やつれたんじゃない」と心配する人までいましたが体重は全然減っていないのです脂肪だけ落ち筋肉が増えたということです
レース中のエネルギー補給にはリプレニッシュを使用しています。他のエネルギードリンクに比べ、飲みごこちがさわやかで、飽きがきにくいのが好みです。内容も運動中必要なものはほとんど含まれているので、かなりの長時間でもこのドリンクだけでパフォーマンスは保つことができます

フアンを飲むことにより体脂肪率が21%から15%まで下がりました。
 

アルペンスキー(元日本代表) 湯本 浩美さん

現役時代はナショナルチームのメンバーとしてワールドカップを転戦する生活の中でたいへんMUSASHIに助けられました
最初は、21%あった体脂肪率を下げたいと思い、HUAN(フアン)を飲み始めました。朝起きてすぐ飲むことを習慣づけ、トレーニングを続けたところ体脂肪率は15%まで下がりました他にもエンデュランスやニー、ジョイントも飲んでいますが以前に比べ体の調子が良くなり快適にトレーニングができるようになりました

【最も重要な持久力強化のために、エンデュランス、疲れを残さないためにニーとクアン、そしてアキレス腱のケアにジョイント
スキーにはかなりの体力が必要です。シーズン中はコンディションを整える程度のトレーニングしかできないため、オフシーズンの短期間に、シーズンを乗り越えられる体力を蓄えなければなりません。最も重要な持久力強化のためにエンデュランスを飲み練習後には必ずニーとクアンを飲んでいましたアキレス腱断裂の大怪我をしたときには、ジョイントも活用させていただきました

長時間のトレーニングでこそ威力を発揮するリプレニッシュ

竹内鉄平 トライアスロンコーチ兼選手

世界を相手にワールドカップ等で戦っていた現役時代から15年以上にわたり、MUSASHIを愛用してきました。私はロングディスタンスを主体に取り組んでいましたので、実際のレースの競技時間は短いものでも4時間、長いものでは8時間以上に及びますトレーニングでは、一日に5〜6時間、3種目をバランスよくトレーニングします。 それだけ長い間運動し続けるわけですから、水分補給の重要性は、言うに及びません。トレーニング中も水分補給は、一度に吸収できる量は限られていますので、15〜20分おきに、かなり意識的に摂るように心がけています。そのような、こまめなエネルギー補給・水分補給にリプレニッシュは非常に向いていて長時間運動のパフォーマンス維持にとても効果があると実感しています。クエン酸が入っているので喉越しが良く、かつ、乳酸の発生を低く抑えることができます。4種類の糖質が配合されているためか、途中でエネルギー切れを起こすこともなくなりました。糖質の種類による吸収スピードの違いが長時間持続する効果を生んでいるのだと思います。
疲労回復のNI持久力向上のエンデュランスも愛用していますがリプレニッシュとの相乗効果で競技成績の向上に役立てることができました。現在では自らもレース出場を継続しつつ、指導者として選手育成に軸足を置いて活動しておりますが、当然、選手たちにもMUSASHIをすすめて

MUSASHIとともに、アルトゥール参段100人組手完遂
 

2009.05.28 空手(世界大会3位) A選手

MUSASHIの商品を摂取し第9回世界大会で3位に入賞したアルトゥール・ホヴァニシアンが329日に極真最大の荒行・百人組手に挑戦し約4時間におよぶ連続組手を戦い抜き見事完遂した。百人組手は、組手の技量もさることながら、なんと言っても持久力が要求される
世界大会でMUSASHIの効果を実感しているあるトゥールは、「当日までのコンディションの調整に最も神経を使いました事前の稽古ではスタミナ強化9を重点的に行ったのですが疲労が溜まらないようにする必要がありそこで摂取したのがREPLENISH(リプレニッシュ)これは多機能リカバリーを目的としてスポーツ中に身体が必要とする全てを補うことができますと世界大会の経験を生かしたサプリメント活用を行った。百人組手は実質3時間から4時間の長丁場。組手中になるべく自分の動きやパフォーマンスが落ちないようにENDURANCE(エンデュランス・プレパレーション)を摂取して持久力を維持することにも努めたと言う。
その結果4時間にも及ぶ激闘のあいだ「決定的なダメージもなく最後まで戦えたのも多少体重は減ったもの2〜3日後に普通に回復できたのも、総本部の先輩方の指導と、対戦相手になっていただいた皆さん、そしてMUSASHIのサポートのおかげ」(アルトゥール)と語る。「格闘技やスポーツをする人のことを考え、可能性を最大限に引き出す」それがアルトゥールがMUSASHIに寄せた《全幅の信頼》である。

鈴鹿8耐のレース中点滴などができなくなったことでの体力面で不安をREPLENISHで一気に払拭

プロライダー(team HARC-PRO)小西良輝

鈴鹿8耐ではレースウイークに入ると同時にMUSASHI製品を積極的に摂りました。高温の中、ハードなライディングを続けるのでMUSASHIを飲めば疲労を感じないといったら嘘になりますが、通常であれば走行後に強い疲労を感じるのところ、疲労を大きく感じることなく、最後まで走行を続けることができました
使用方法としてはレースウイークの朝と晩にENDURANCE PREPARATION(エンデュランス・プレパレーション)を飲み走行前にCHEN(チェン走行終了直後にNI(ニー)を飲みました。また鈴鹿8耐は7月末という真夏に行われるレースですので、水分補給も非常に重要になります。レースウイーク中の水分補給はすべて、REPLENISH(リプレニッシュ)で行いました。従来、レース中に行ってきた点滴などが今年からできなくなり、体力面で不安を抱いていたのですがそれが一気に払拭できた今年の鈴鹿8耐でした。
 
【疲労を感じずトレーニングを行え、肉体だけでなく精神的にも大きなサポート】
トレーニングは毎日行うので朝と晩にENDURANCE PREPARATION運動前にCHEN運動終了後にNIというパターンを繰り返しています疲労を感じずにトレーニングが行え、しかも疲れが残らないので非常に高いモチベーションでトレーニングに向き合うことができています肉体だけでなく、精神的にも大きなサポートを得ていると感じています。
 

tweetでフォローする Instagramでフォローする