MENU

スポーツ編

ランニングコストが安い
プロスポーツ編 ENDURANCE

貧血による立ちくらみが全くなくなったと同時に、他の選手より持久力が・・・

2007.01.07 プロ選手 オーストラリアンフットボール Kさん (25・男性)

私は運動量に自身がありましたが、一試合通して同じパフォーマンスをキープするまでにはいたりませんでした。また、鉄分不足のせいか、情けないことに日常生活でよくたちくらみをしていました。
エンデュランス・プレパレーションを一日〜2回飲み始めてから、試合の後半になっても疲れることがなく、他の選手は足が止まっている中、私はずっと走り続けられるようになりましたまた、たちくらみも、まったくといっていいほどなくなり体調も良くなりました
たちくらみは昔からの悩みだったので、解消されて非常に驚いています

鈴鹿8耐のレース中点滴などができなくなったことでの体力面で不安をREPLENISHで一気に払拭

プロライダー(team HARC-PRO)小西良輝

鈴鹿8耐ではレースウイークに入ると同時にMUSASHI製品を積極的に摂りました。高温の中、ハードなライディングを続けるのでMUSASHIを飲めば疲労を感じないといったら嘘になりますが、通常であれば走行後に強い疲労を感じるのところ、疲労を大きく感じることなく、最後まで走行を続けることができました
使用方法としてはレースウイークの朝と晩にENDURANCE PREPARATION(エンデュランス・プレパレーション)を飲み走行前にCHEN(チェン走行終了直後にNI(ニー)を飲みました。また鈴鹿8耐は7月末という真夏に行われるレースですので、水分補給も非常に重要になります。レースウイーク中の水分補給はすべて、REPLENISH(リプレニッシュ)で行いました。従来、レース中に行ってきた点滴などが今年からできなくなり、体力面で不安を抱いていたのですがそれが一気に払拭できた今年の鈴鹿8耐でした。
 
【疲労を感じずトレーニングを行え、肉体だけでなく精神的にも大きなサポート】
トレーニングは毎日行うので朝と晩にENDURANCE PREPARATION運動前にCHEN運動終了後にNIというパターンを繰り返しています疲労を感じずにトレーニングが行え、しかも疲れが残らないので非常に高いモチベーションでトレーニングに向き合うことができています肉体だけでなく、精神的にも大きなサポートを得ていると感じています。
 

ENDURANCEを飲み始めて、2日めに、毎日走るコースのアップダウンがペースを落とせず上れていることにびっくり

2016.02.08 ゴルフ、ランニング プロゴルファー Hさん (52歳・男性)

これまで、NIとリプレニッシュをシーズン通して愛用しており
MUSASHIへの信頼は100%ありました。
今年に入りシーズンオフにランニングを始めるにあたって
身体を絞るのにHUANを飲んで走りはじめましたがこの寒い時期にも関わらず1キロも走れば発汗がはじまり2キロ時点では汗だく身体の芯から発熱を感じます
毎日飲んで走っていると体質も燃焼体質になった様でゴルフの練習やプレーでも
ストレッチだけで充分暖まるので寒いと感じる事が無くなりました
身体が暖まっていると冬に起こしやすい関節の故障などの予防にもなりますね。
もともとランニングは大の苦手、走り馴れていない事もあり、また宅周辺はアップダウンも多く非常に辛いトレーニングだったのですが試しにENDURANCEを飲み始めて
2日めに
毎日走るコースのアップダウンがペースを落とせず上れていることにびっくり
辛くなるポイントでもまだまだ走れるぞ!という気力がありつい距離を伸ばしてしまいました。これはゴルフという長丁場の競技でも有効だと思うので、ランニングは当然の事、ゴルフでも活用していこうと思いました。
ENDURANCEのお陰で大嫌いはランニングが少し好きになれそうです
 

tweetでフォローする Instagramでフォローする