MENU

肘の手術後JOINTで脅威の回復に僕も医者も驚きました。しかし、それより驚いたのは、どのことを試しても良くならなかった、高校時代からの体中の関節の痛みが全部無くなったことです。

パワーリフティング(元世界チャンピオン、
ベンチプレス360.0kg世界記録者) 三土手大介 

僕の左肘には長年の無理がたたって、〝関節ねずみ〟がたくさん形成されていました。それに加えて、上腕骨の先端が尖ってしまい、肘を曲げたときに前腕の骨にその部分が当たって、とても痛い。6~7年間、だましだましやってきたのですが、2005年2月、ベンチプレスをやっていたとき、「プチッ」という音がしてから、肘がまったく曲がらない状態になってしまいました。そこで、3月、すぐに手術となったわけです。手術では、関節ねずみが5個あったうち、4個を取り除き、上腕骨先端の尖った部分を削ってもらいました。担当した医師の話では、「今まで診た中で、ワースト3に入る悪い肘だ」と残りの2人はいずれも野球選手で、日常生活レベルに復帰させるのが精一杯だったそうです
手術後10日目に、許可が出たのでベンチプレスをやってみると、40kgを挙げるのがやっとでしたね。それが1ヶ月後には180~200kgで8回とか挙げていましたから、回復は順調だったと思います。

ちょうどその頃、MUSASHIのエリートシリーズが新発売されたという話を聞き、渡りに船と、さっそくJOINT(ジョイント)を試してみることにしました。飲み方としては、朝晩の空腹時に、付属のスプーンで山盛り2杯ずつ。(注:三土手選手は体重130kgを超える巨漢であるため、この分量が必要ですが、一般的にはすりきり一杯(スティック袋1本)が適量です)僕は以前からMUSASHIファンですので、KUAN(クアン)やNI(ニー)と併用する形で。肘の痛みには随分悩まされてきましたから、これまで、ジョイント系のサプリメントは本当にいろいろ試してみましたが全く駄目でしたJOINT(ジョイント)はものすごく実感しています。正直、これほど実感できたものは初めてですね。まず肘に関しては、リハビリが思うように進んで、みるみる回復していくのがわかりました。僕も医師もその回復の早さに驚きました
しかしそれより驚いたことがあります高校時代から体中の関節はガタガタでした。膝、腰、肩は常に痛くたとえば膝なら、日常生活で会談を上るのにも苦労したり腰なら、床に落ちたものを拾うのも大変、という状態でした。けれどもJOINT(ジョイント)を飲んでいるうちあれあれ・・・全部の関節の痛みがなくなっている事にはぁーっと気が付きました長年の関節の痛みが全部無くなったのです。これは大変うれしかったですねおかげで今は、思う存分、ハードトレーニングができるようになりました

tweetでフォローする Instagramでフォローする