MENU

11月下旬、膝の靭帯と半月板損傷で手術が必要と言われ、JOINTを飲み続けた結果、2月4日のレントゲンで損傷がなくなって手術の必要がなくなったとお医者様も不思議がっていました。それに、膝以外の関節の違和感も全て無くなりました。

11月下旬頃から膝の痛みがひどくなり、膝が曲がらなくなってしまい、レントゲンを撮り、お医者様から「前十字靭帯の損傷または断裂、半月板の損傷がみられる」と診断され、手術が必要と言われ、1~2年はボディビルダーとしての選手生命を絶たれることに絶望しました。その結果を友風関にお話しした処、「JOINTは本当に良いものだから、とにかくもっと飲んだ方が良いよ」とアドバイスを頂き、その日から起床後、トレーニング後、就寝前に必ず飲んでいたNIとKUANに加えJOINTを多めに飲むことにしました。
約2カ月後の2月4日、手術を始める前に、レントゲン撮影時に「レントゲンで撮った損傷が無い。これなら手術の必要はない」とお医者様も不思議がっていました。JOINTを飲み続けた結果、手術の必要も無くなってしまったことに驚きました。
3月初旬からは下半身のトレーニングもケガ前よりも膝の調子も良く、高重量の負荷でトレーニングもでき、JOINTを加えたことで、膝のケガの回復だけでなく関節の違和感も全て無くなり、トレーニングの調子が上がるだけでなく、ケガの予防にも役立っていることを実感しています。

[2021.03.16]  

クラシックフィジーク 市川信行 (26歳、男性)

高校の頃から慢性的に痛かった膝が11月下旬頃から痛みがひどくなり腫れも見られ、トレーニング中負荷をかけると痛みで膝が曲がらなくなってしまいました

友風関に相談したところ、「JOINTを多めに飲んだら良いよとススメられさっそく手元にあったJOINTを飲み始めました
2・3日後少し良くなったのですが12月3日に念のため病院に行き左膝のレントゲンを撮りました。お医者様から前十字靭帯の損傷または断裂半月板の損傷がみられると診断されました。
12月8日、さらに別の病院もご紹介いただきレントゲンを確認して頂きました。同様に「左膝前十字靱帯損傷または断裂、半月板損傷」との診察結果をされました。
怪我の状況から
ボディビルを続けるなら手術が必要と言われました

手術をすれば
ハムストリングの腱を移植するような手術になり少なくとも1年以上かけないと元に戻らずリハビリなどで1~2年はボディビルダーとしての選手生命を絶たれることに絶望しました
その結果を友風関にお話ししたところ、「JOINTは本当に良いものだからとにかくもっと飲んだ方が良いよとアドバイスをいただきその日から起床後トレーニング後就寝前に必ず飲んでいたNIとKUANに加えJOINTを多めに飲むことにしました

具体的には起床後 NIを飲み20分後にJOINT、その後20分ほどあけKUAN、昼食前の13時頃の空腹時にもNI・JOINT・KUANを同様に、就寝前もNI・JOINT・KUANを同様に摂取しました。
それ以外にも、お腹がすいたらKUANは飲むようにしています。というのも
KUANを飲むとカラダが元気になります今はREPLENISHの良さを知ってしまったので飲むようにしています1回REPLENISHにしてしまうと良すぎて別のドリンクを取りたくなくなります

トレーニング時もNIとKUANを摂取し、トレーニングは下半身の負荷のかかるトレーニングは避け、ストレッチ程度で済ませましたが、
下半身は小さくもならず維持できむしろ上半身は大きくハリが出るだけでなく失われることもなく上半身のトレーニングの調子は上がりました
この上半身の調子が良い理由はもう一つ膝だけではなく6年前に痛めた肘などもパキパキ、コキコキ鳴ったり痛みがある時も頻繁にあったのが全く無くなり気にならないでトレーニングできていることもあります

約2カ月後の2月4日、左膝前十字靱帯再建術及び半月板の切除・会縫術手術を始める前にレントゲン撮影時に見られた靭帯の損傷または断裂半月板損傷が見られず予定の手術を行わず終わりました
お医者様から言われたのはそれ程悪くないレントゲンで撮った損傷が無いこれなら手術の必要はないいう言葉で、お医者様も不思議がっていました
レントゲンを撮った2カ月前は、2人の医師が前十字靭帯断裂、半月板損傷という診断をし、手術という選択に絶望しておりましたが、レントゲンを撮ったその日から
JOINTを加え飲み続けた結果手術の必要も無くなってしまったことに驚きました

3月初旬からは下半身のトレーニングもケガ前同様に再開しておりますがむしろケガ前よりも膝の調子も良くケガ前よりも高重量の負荷でトレーニングもでき、NIとKUAN、REPLENISHを主に使っていた時に比べて、JOINTを加えたことで膝のケガの回復だけでなく関節の違和感も全て無くなりトレーニングの調子が上がるだけでなくケガの予防にも役立っていることを実感しています

昨年友風関が選手生命を絶たれてもおかしくない膝の大怪我膝の靭帯断裂だけでなく神経を損傷の後、JOINTとNIを毎日摂取していました
手術後の友風の診察に同席した際に数回の手術の回復の度合いやスピードに主治医がありえないこんな回復が早いなんて」、「世界の医療の歴史が変わると言っていたことを思い出します
私も、はじめは手術が必要と診断され、絶望を感じていたところ、JOINTとNI、ひいてはMUSASHI に助けられ、2カ月後の診断は手術の必要が無い。むしろトレーニングの調子は怪我前よりもあらゆる面において調子が良く、競技の特性上、関節に対して負担がかかる不安からも解消されました

肘の手術後JOINTで脅威の回復に僕も医者も驚きました。しかし、それより驚いたのは、どのことを試しても良くならなかった、高校時代からの体中の関節の痛みが全部無くなったことです。

パワーリフティング(元世界チャンピオン、
ベンチプレス360.0kg世界記録者) 三土手大介 

僕の左肘には長年の無理がたたって、〝関節ねずみ〟がたくさん形成されていました。それに加えて、上腕骨の先端が尖ってしまい、肘を曲げたときに前腕の骨にその部分が当たって、とても痛い。6~7年間、だましだましやってきたのですが、2005年2月、ベンチプレスをやっていたとき、「プチッ」という音がしてから、肘がまったく曲がらない状態になってしまいました。そこで、3月、すぐに手術となったわけです。手術では、関節ねずみが5個あったうち、4個を取り除き、上腕骨先端の尖った部分を削ってもらいました。担当した医師の話では、「今まで診た中で、ワースト3に入る悪い肘だ」と。残りの2人はいずれも野球選手で、日常生活レベルに復帰させるのが精一杯だったそうです。
手術後10日目に、許可が出たのでベンチプレスをやってみると、40kgを挙げるのがやっとでしたね。それが1ヶ月後には180~200kgで8回とか挙げていましたから、回復は順調だったと思います。
ちょうどその頃、MUSASHIのエリートシリーズが新発売されたという話を聞き、渡りに船と、さっそくJOINT(ジョイント)を試してみることにしました。飲み方としては、朝晩の空腹時に、付属のスプーンで山盛り2杯ずつ。(注:三土手選手は体重130kgを超える巨漢であるため、この分量が必要ですが、一般的にはすりきり一杯(スティック袋1本)が適量です)僕は以前からMUSASHIファンですので、KUAN(クアン)やNI(ニー)と併用する形で。肘の痛みには随分悩まされてきましたから、これまで、ジョイント系のサプリメントは本当にいろいろ試してみましたが、全く駄目でした。JOINT(ジョイント)はものすごく実感しています。正直、これほど実感できたものは初めてですね。あず肘に関しては、リハビリが思うように進んで、みるみる回復していくのがわかりました。僕も医師もその回復の早さに驚きました。
しかし、それより驚いたことがあります。高校時代から体中の関節はガタガタでした。膝、腰、肩は常に痛く、たとえば膝なら、日常生活で会談を上るのにも苦労したり、腰なら、床に落ちたものを拾うのも大変、という状態でした。けれどもJOINT(ジョイント)を飲んでいるうち、あれ、あれ・・・全部の関節の痛みがなくなっている事にはぁーっと気が付きました。長年の関節の痛みが全部無くなったのです。これは大変うれしかったですね。おかげで今は、思う存分、ハードトレーニングができるようになりました。

tweetでフォローする Instagramでフォローする