MENU

MUSASHIだけに変更したら、長く停滞していた筋肥大が急に加速し、4ヶ月半で6kg(筋肉)増えました。大会の優勝も、MUSASHIのお陰です。

私も1日3回以上のプロテインや高タンパクな食事を長く続けてきましたが、筋肉は発達しませんでした。思い切ってプロテインを辞め、やや高タンパク質な食事とMUSASHI(NIとKUAN)だけに変更しました。
すると、停滞していたはずの筋肥大が加速し、2020年8月〜12月の4ヶ月半で6kg程度体重(筋肉)が増えました。
そして、2021年1月4日からは毎朝HUANを飲んで、8月29日までに12kgの脂肪減量をしました。
その結果、目標としていたフィジーク大会では身長別で優勝し、各階級優勝者で競うオーバーオール審査でも優勝することができました。MUSASHIのお陰です。

[2021.10.04]

メンズフィジーク競技 鈴木仁 (37歳・男性)

コンテストで優勝する為に私はプロテインを辞め、MUSASHIと食事だけの生活にしました。
フィジーク競技はステージ上で逆三角形でバランスの良い肉体美を競う為、日々ハードにトレーニングを行います。
同時に、毎日体重の2倍〜3倍のタンパク質を食事とプロテインパウダーから摂取して筋肉を大きくしていくのが一般的です。

私も1日3回以上のプロテインや高タンパクな食事を長く続けてきましたが、努力して食べれば食べる程胃腸の不快感や消化不良、内臓疲労や腸内環境の悪化による兆候が増えるばかりで、筋肉は思ったように発達しませんでした。
タンパク質は多く摂取すれば筋肉になるのではなく、ベストなタイミングで必要量のアミノ酸が筋肉に届くことが重要なのだと気づいてからは思い切ってプロテインを辞め、やや高タンパク質な食事とMUSASHIだけに変更しました。
2021年の大会で優勝する為にその他取り組んできたことは

これまでと同様トレーニング前のエネルギー源としてCHEN。トレーニング後の疲労回復にNI。筋肉量アップの為にKUANを飲み続けました。
トレーニング強度を10倍近くに増やしました。
寝る前にもNIとKUANを飲んで寝ている間も内臓に負担をかけずに効率よく疲労回復と筋肉アップを狙いました。
すると停滞していたはずの筋肥大が加速し、2020年8月〜12月の4ヶ月半で6kg程度体重が増えました。

タンパク質が多い食事とプロテインが筋肉を発達させると信じていたので、冷蔵庫が鶏胸肉と卵で埋め尽くされる程買いプロテインも月に数kg飲んでいた時期が長かったのですが、今までの努力は何だったのだろう?という感じです。
2021年1月4日からは毎朝HUANを飲んで減量していき、8月29日までに12kgの減量をしました。
その結果目標としていたフィジーク大会では身長別で優勝し、各階級優勝者で競うオーバーオール審査でも優勝することができました。MUSASHIのお陰です。
38歳になり一般的には回復力が低下する年齢だと思いますが、NIのお陰でそのような感覚は一切ありませんし、まだまだ肉体が進化していく感覚が確かにあります。
今後の目標は40代以上が出るフィジークのマスターズクラスで世界一になることです。

tweetでフォローする Instagramでフォローする